おぎやはぎ小木 結婚宣言・須藤への批判に「キャバクラと一緒でカネ出した方がいけない」 - 大阪ITジャーナル

大阪ITジャーナル

サブカルから政治まであらゆる物事を運営者・安田龍二が、客観的な視点でお届けする大阪ITジャーナル

Translate

2017年6月21日水曜日

おぎやはぎ小木 結婚宣言・須藤への批判に「キャバクラと一緒でカネ出した方がいけない」

大阪ITジャーナル 安田龍二です。

おぎやはぎ小木 結婚宣言・須藤への批判に「キャバクラと一緒でカネ出した方がいけない」


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170621-00000017-tospoweb-ent


から



お笑いコンビ「おぎやはぎ」の小木博明(45)が21日に放送された「バイキング」に出演。「第9回AKB48選抜総選挙」開票イベントで結婚宣言したNMB48・須藤凜々花(20)について言及した。


小木は「ぶっちゃけ、キャバクラとかですごいカネを投資しても、フラれちゃうことはよくあるじゃないですか。カネ出した方がいけないんですよ」と持論を展開した。



投稿者も、小木氏の意見に同意する。


キャバクラの例えは、小木氏が既に発言しているので、投稿者は別の切り口で書こう。



別れた彼女に、今までの飲食代や雑費を請求するのだろうか?


普通に考えれば、請求しない、たとえ振られたとしても。


いやいや、「彼女とは全く別物だから」とお思いの読者の皆さんも、いらっしゃるでしょう。


アイドルは基本的に、色恋営業である。


色恋とは、恋愛感情を煽り、お金を出して貰う方法。


簡単に言うと、恋人ごっこの様なモノだ。


それを理解せず、本気で付き合えると思っているのは、ある意味哀れで投稿者は同情してしまう。


が、付き合う事ができる可能性はある。


顔が良い、金を持っている、社会的地位が高い、有名人である。


これらを2つ以上持っていれば、付き合う事ができる。と投稿者は断言しておく。

アイドルは上昇志向が高い事や、過去の例からして

が、この条件をクリアするアイドルのファンは、1割にも満たないだろう。



なので、アイドルに金を貢ぐ、ぐらいなら自己投資に使って彼女を手に入れた方が良い。


もしくは、貢いでも後悔しない額にすべきだと、投稿者が助言しておく。



ページ