Translate(翻訳)

2017年7月9日日曜日

ワタミの求人条件に「死ぬぞこれ」 会社広報に真意を聞くと

大阪ITジャーナル 安田龍二です。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170706-00000007-jct-soci


から


とんでもない待遇で新卒を募集してしまう?

 「リクナビ」に2017年7月6日に掲載されているワタミの17年度の募集要項によれば、「大学・大学院・短大・専門卒/総合職」は51~100人を採用する予定とし、初任給の基本給は20万2100円で、その基本給には、

  「月間127時間分の深夜みなし手当3万円、営業手当1万円含む」
  「※127時間を超えた時間外労働については追加支給」

となっている。ネット上ではこの「127時間を超えた時間外労働」とは何なのか、という議論になっている。



この件、非常に興味深い。


投稿者が簡潔に説明すると、ワタミとは、渡邊美樹率いる外食産業がメインの会社。


新卒を募集にかけた条件が、初任給の基本給は20万2100円、127時間を超えた時間外労働に支給される手当は3万円となっている。


過去には、女性社員が月140時間以上にのぼる店舗での、長時間残業の末に同年6月に自殺している。



ワタミは、こう反論している。


深夜勤務手当は1時間だけ働いても一律に3万円が支給される規定になっていて、127時間という数字は「理論上の最大値」として表示しただけなのだという。



理論上の最大値に、近い時間外労働が課せられるに違いないと、投稿者は読んでいるが、実際は、どうかは不明だ。


これについて辛辣なコメントが多い、だが、逆転の発想をすれば、自殺願望がある者が、ここで働けば良い。


ワタミの為に4ぬ事ができる。

至極、馬鹿馬鹿しいが

大金を稼いでいる人物は、裏で必ずグレーな事をしている。


黒にならないギリギリを攻めて、他人がしない事をして金を稼ぐ、インターネット界隈では、俺的ゲーム速報@刃や、はちま起稿・清水鉄平が代表的。


投稿者は、彼らを嫌っている訳では無い。


犯罪を犯さない限り、グレーゾーンで金を稼いだ奴が正義であるのは、間違いない。


人畜無害なニートが、蔑まれている現状を見れば、至極当然な考え方では無いだろうか?


失う物が無い読者の方々は、グレーゾーンを攻めてみては如何かな!?