アングラな方が面白い説 - 大阪ITジャーナル

大阪ITジャーナル

サブカルから政治まであらゆる物事を運営者・安田龍二が、客観的な視点でお届けする大阪ITジャーナル

Translate

2017年8月15日火曜日

アングラな方が面白い説





引用元mynavi
http://news.mynavi.jp/articles/2017/08/13/comike/


都内・東京ビッグサイトにて開催中の世界最大級の同人誌即売会「コミックマーケット92」(会期:8月11~13日)。2日目となった12日の来場者は15万人に上った。


コミケって、こんなに大々的に宣伝されるイベントだっただろうか?



いつの間にかアングラなモノから一般層にまで定着している。



投稿者は嫌いでは無いが、アングラでやっているのが面白いのであって一般化すると面白くなくなる。



具体的には、著作権の問題や規制の強化。



自由度が、無くなれば無くなる程、つまらなくなる。



ニコニコ動画が良い例。



とは言え、運営している側からすれば、儲かるし人を集める事ができる。



やはり、何かを犠牲にしなければ、何かを得る事はできないのであろう。



それを寂しいと思う人もいるとは思うが、この社会のやり方なのであろう。



とはいえ



東京にはさまざまなイベントが行われている。

(サブカルから政治まで)


そこは非常に羨ましく思う。



大阪でもイベントはあるが、東京に比べれば微々たるモノ。



東京に住んでいる読者の皆さんは十分に楽しんで欲しい




大阪ITジャーナル 安田龍二

ページ