類は友を呼ぶ、は本当か? - 大阪ITジャーナル

大阪ITジャーナル

サブカルから政治まであらゆる物事を運営者・安田龍二が、客観的な視点でお届けする大阪ITジャーナル

Translate

2017年8月30日水曜日

類は友を呼ぶ、は本当か?




大阪ITジャーナル 安田龍二です。


今回のタイトル、「類は友を呼ぶ、は本当か?」



投稿者の経験則になってしまうが、正しいと思っている。



「イヤイヤそんな訳ないじゃん」「いーやゴミはゴミを呼ぶね」




と思う方もいるでしょう。



まず簡単に、類は友を呼ぶの意味をおさらいしよう。




類は友を呼ぶとは、気の合う者や似通った者同士は、自然に寄り集まって仲間を作るものであるということ。




読者の皆さんは、こういう経験は無いだろうか?




悪い人ではないけども、この人とは、一緒に居たくないな






上記の感情が、類は友を呼ぶ、を証明しているのでは無いだろうか?




小学校や中学校の教師が、幼稚なのも類は友を呼ぶ、の法則が当てはまる。





いくら良い大学を出ていても、小学生や中学生を相手にし続ければ、精神的には幼くなってしまうだろう。





「脳みそ使えよ」「漏らすか、幼稚園生」 20代女性教諭が小1児童に暴言




というニュースが昨日あった。



これも小学生レベルの暴言であって、とても小学生に向けて放つ様な言葉では無いだろう。



投稿者が、通っていた小学校や中学校の教師は、控えめに言って知恵遅れだと思っていた。


公立の小中学校であったからも関係しているかもしれない。



もし、私立の小中学校であれば、マシだったのかは不明だが、私立に来る子供達は、公立に比べて、親もまともで、それなりの思考ができるだろう。(例外はあるが)



なので、こいつらの言う事を聞いても碌な人生にならないな、と。



だが、その当時の投稿者には、見当すら付かなかった。



自分自身で何か見つけないとと思い、さまざまな挑戦した結果が、今であると思っている。



更に



早慶(早稲田慶応)を出ていて、偏差値40前半の大学教授をしている人にも当て嵌まる、その学生と同等の思考力や精神しか無いと、推測している。



普通であれば、生徒のレベルが低すぎて嫌になって逃げ出すレベル。



それをしないという事は、その環境が居心地が良いのであろう。



その時点で、彼らと同等という事。



更に勉強は、いかに暗記するかにかかっている。



上記の点に対し、極端な事を言えば、アイデアや知識を盗むのが上手い人間程、高偏差値になると推測している。



教科書に載っている他人のアイデアや知識をパクり、さも自分が考えたかの様に振舞う。


これは、勉強を否定している訳では無い。


始めは、何事も何かのコピーから始まると思っている。




求められているのは、コピーから脱出し、昇華させる。



そのまま使えば、ただの劣化コピー。




使いこなせなければ、全く意味が無い。




投稿者も何かしらパクっているが、自分なりにアレンジし、ただの劣化コピーにならない様に試行錯誤している。




パクった物をパクったまま出せば、一昔前の中国の様な劣化コピーしか生まれないのも当然だ。






ページ