Translate(翻訳)

2017年9月21日木曜日

投稿者が激烈に独断と偏見で分析する「今、日本で儲かる業種」



大阪ITジャーナル 安田龍二です。


今回のタイトル「今、日本で儲かる業種」


それは、ずばり人材派遣業者。



簡潔に説明すると、会社がとってきた仕事を派遣労働者に渡し、中抜きした差額で儲けを出すというサービス業。





コネが必要な事や派遣元責任者講習が必要である為、敷居は高い。





人材派遣業は麻薬と同じで、始めは異常に効く(手っ取り早く金が稼げる)が、だんだん効かなくなり(人手不足)、廃人となる(そのコンテンツなり職種が衰退)



だが金を儲ける事ができれば、それで良い。



逆を言えば、恨みのある業界に参入し、金を稼ぎながら業界を潰す事もできる。


現代の奴隷商人となるのは、これを読んでいる君だ!