Translate(翻訳)

2017年9月24日日曜日

投稿者が激烈に独断と偏見で分析する「【】まろんを許さない 放送【】」

大阪ITジャーナル 安田龍二です。


http://live.nicovideo.jp/watch/lv306849603


【】まろんを許さない 放送【】

2017/09/22(金) 24:57開場 25:00開演
妻子ある男性と不倫をし家族を崩壊させて付き合っていながら さめた後ポイ捨てする まろん を許すな!


上記の番組をタイムシフトで見た感想は

「なぜニコニコ生主達はクリーンぶるのか?」




真っ当な思考回路をしていれば、Youtube、showroom、ツイキャスやふわっちに行くだろう。




「アイドルになりたいからニコ生します」というのはただの知恵遅れ。





加藤純一がTGS2017で著作権的に問題なゲーム「VIPマリオ」をプレイした事で騒ぎになっているが、誰が何と言おうと投稿者は彼の行動を賞賛する。





あれこそがニコニコ生放送であり、彼は何を求められているか理解している。





雑談界隈では、不倫堕胎黒マスク、放尿手コキ腹黒db、古事記の帝王、不倫虚言癖の女王、借金バックレ王。





これらが全て事実であり、真っ当な思考回路をしていれば危険だと感じるだろう。






投稿者がFC2ブログで提案していた、悪魔のキューピー、HOPE、ウナちゃんまん、鶴乃進、唯我らアウトロー組を出すべき。




具体的に言えば、ニコニコ生放送は「犯罪者が参加できるという事」に付加価値を付けるべき




横山緑には「前科」が付いている。
前科とは、過去に懲役・禁錮・罰金の刑罰(または執行猶予)を受けたことがある経歴





これは芸能人であっても干されてしまうレベルにある。





それを無視し、恰も己はクリーンな配信者とするのは筋が通っていない。




投稿者は、自分がgmkzksの社会の底辺という事を自覚している。




「開き直れgm共」