Translate(翻訳)

2017年9月27日水曜日

投稿者が激烈に独断と偏見で分析する「『けもフレ』運営側、監督の降板騒動受け経緯説明 作品利用めぐり意見の相違か」

テレビアニメ『けものフレンズ』のたつき監督が25日、同アニメのプロジェクトから外れることをツイッターで明かし騒動となったことを受け、シリーズを運営する「けものフレンズプロジェクトA」がきょう27日、公式サイトで見解を発表した。


「『けものフレンズ』の映像化プロジェクトに関するご報告」としたメッセージでは冒頭、続編の制作体制について「同体制での継続か、新体制での新たな表現かも合わせて検討中で、現時点においてもまだ何も決定していない状況です」と明かした。



当初、3月まで放送されていた第1期の体制で進める方向で調整していたものの「アニメーション制作会社であるヤオヨロズ株式会社より8月に入った段階で辞退したい旨の話を受け、制作体制を一から模索することになっているのが現状です」と伝えている(※ヤオヨロズはたつき監督を擁する制作会社)



たつき氏は、「カドカワ方面からお達しがあった」と発言しており、カドカワ側は「ヤオヨロズ株式会社より8月に入った段階で辞退したい旨の話を受け」と意見の相違が見られる。



現ドワンゴ取締役の川上氏もお茶を濁す状況の中、株価は前日比14円アップで終了している。






版権関連でたつき氏率いる、ヤオヨロズ側とカドカワ側が揉めた線が濃厚との憶測も飛び交っている状況。



けものフレンズに、「のけものは居ない」の理念に反するドロドロな争いが繰り広げられるに違いない。


現にニコニコ動画(ドワンゴ)の有料会員登録を解消する、カドカワ関連の商品を不買するといった声も出ている。



山本寛氏の暴言も飛び交う中、今後のアニメーション業界の在り方が問われるだろう。




大阪ITジャーナル 安田龍二

0 件のコメント:

コメントを投稿