YouTube、超低遅延モードを実装 - ライブ配信の遅延がわずか数秒に - 大阪ITジャーナル

大阪ITジャーナル

サブカルから政治まであらゆる物事を運営者・安田龍二が、客観的な視点でお届けする大阪ITジャーナル

Translate

2017年9月10日日曜日

YouTube、超低遅延モードを実装 - ライブ配信の遅延がわずか数秒に



YouTubeは9月7日、ライブ配信モードで「超低遅延」を設定できるようになったことを発表した。



超低遅延モードを有効にすると、ライブ配信における動画の配信遅延が数秒まで短縮される。


リアルタイムで活発にやり取りをする場合に適しており、たとえばゲームの実況中、これまでより早くファンの質問に答えたり、視聴者のメッセージを読んだりできる。なおこの設定では、DVR、1440p、4K解像度を利用できない。




http://news.livedoor.com/article/detail/13586876/


一言、すげぇ。

さすがグーグルといったところか、完全にニコニコ生放送潰しにかかっている。

投げ銭できる
ラグも数秒にできる
日本国内だけで無く、世界にも発信できる

上記が全て無料。



ページ