Translate(翻訳)

2017年10月18日水曜日

投稿者が激烈に独断と偏見で分析する「馬鹿通貨」

大阪ITジャーナル 安田龍二です

今回のタイトルにある「馬鹿通貨」とは、高騰しない仮想通貨の事である




1ETHが1ドル程で始まり、今では340倍の340ドルになっている


この通貨に初期から投資していた人は、資産億越えしているに間違い無い


本題に戻ろう



馬鹿通貨その1


日本人が発行している


IT後進国の日本が提供しているサービスは欧米の劣化コピーか詐欺しかない


胴元が儲けて終わり



馬鹿通貨その2


White Paper(白書)に記載されている内容が薄っぺらい・魅力を感じない


詐欺の可能性も有り、具体的な業務内容が記載されているか?


実行可能で現実的であるか等も精査すべき



最後は確実に運


なぜなら確実に勝てるなら資産億超えがゴロゴロいてもおかしくない


安い仮想通貨を大量に仕入れて寝かせて置き、BitcoinやEthereumの様に暴騰すれば資産が億を超える事もできるかもしれない


結論

宝くじよりは買ってみる価値有り


0 件のコメント:

コメントを投稿