Translate(翻訳)

2017年10月19日木曜日

投稿者が激烈に独断と偏見で分析する「学歴は必要か否か」





大阪ITジャーナル 安田龍二です


奨学金返済問題や学歴不要論などが話題となっている


そこで学歴は必要か?

投稿者が激烈に独断と偏見で分析する



メディアに出て名を売るなら学歴は大いに必要


堀江貴文が良い例だ

彼は東大起業家として取り上げられていた

そのアドバンテージもあってか急速に成長していったのがライブドアホールディングス


学歴でマウントを取れるという利点もある


例えば、「俺は東大卒だから言う事聞けgmが」と言えば良い
モラルには反するが、ほとんどの人間が反論できない
その分、結果を残す事ができなければ、徹底的に叩かれる諸刃の剣



大手企業に就職するならば必要

少なからず学歴フィルターは存在する


上位大学の方が優遇されるのは間違いない



金を儲けたいだけなら高卒でも良い、下手すれば中卒でも構わない



投稿者が就職してみて感じた事は、学校で習った事はほぼ使わない



日本語で会話でき、算数ができれば十分すぎる


中小企業であれば、英語も不要



なぜなら会社に入ってから学ぶ事が多いからだ




大学を出て中小企業に就職するぐらいなら高卒で職歴や経験を積んだ方が良い





ここで投稿者自身の体験談を話したい



東京に行きたかったので日本大学に入学したが、ほとんど行かずに1年間東京で遊んでいた


その時に住んでいた文京区のアパートがボロくて狭いのに7万円もの家賃はボッタクリすぎやろとは思ったが、徒歩1分程で東洋大学があったので暇な時はそこに遊びにいって学食を食べていた(味は普通といった所か)


大阪出身は地元愛が強く、なかなか大阪出ない傾向がある
(未だに東京への偏見はある。逆も然り)


やってみたい、見識を広めたいという気持ちが強かったので何が何でも一度は住んでみたかったのだ




そして投稿者は、渋谷にある音楽学校の体験入学に入るつもりも無いのに行きまくっていた



そこで関西訛りのマネージャーの様な人を見つけたので何処出身ですか?と聞くと、大阪と答えたが瞬時に京都と訂正していた


おそらく関西弁なので普段は大阪出身と名乗っていたのだろう


別に京都を恥じる必要は無いのにとその時は思った
年齢はおそらく投稿者の2倍は上だった


正直どうでもいいが、「京都のゴミが大阪を名乗るなクズが」と書いた方が面白いので書く事にする



長々と自分語りをしてしまったのでここで結論



やりたい事があるなら大学に入るべき、無ければいらない

0 件のコメント:

コメントを投稿