Translate(翻訳)

2017年10月20日金曜日

投稿者が激烈に独断と偏見で提言する「日本の経営者・政治家は全て外国人に置き換えるべき」

大阪ITジャーナル 安田龍二です



投稿者は反日でも日本人経営者が無能だと言っている訳では無い事を理解して頂きたい


大半の日本人経営者は、未だに大日本帝国式の経営方針を引きずっている



やり甲斐の精神や愛社精神を煽りサービス残業させる

正当な対価を支払わない

旧日本軍式の人海戦術で乗り切ってきたが、人手不足で中小企業は破綻寸前




日本人が経営者であるがゆえに、この問題が起ってしまう



そこで投稿者が考えたのは以下だ



経営者には、アメリカ在住の華僑やアメリカ人

日本在住の華僑は日本人の思考に近いため意味が無い
中国本土の中国人も共産党の思想がある為、日本の国益にはならない


政治家には、シンガポールの上官を起用すべき


上記をすべき、詐欺まがいの経営コンサルタントも一掃される


そして登記してしまえば、社長には誰でも成れる


投稿者ですらも開業届けを出したので個人事業主だ


日本には戦略的・戦術的に長けているブレインがほとんど居ない


人件費削減して、その場を凌いでいる企業がほとんど


優秀なブレインが居れば、IT企業が詐欺に近いガチャでボロ儲けして凌いでいるという状況にはならない



詐欺に近いガチャを容認し、e-sportsには法律によって多額の懸賞金をかけさせないという矛盾


それを改正すらしない



そこで面白いデータがあるので読者の皆さんにお見せしたい


日本のゲーム産業は衰退の一途を辿る


下記が証明している






上記は、オンラインゲームの決済表だ


ソニーと任天堂が合わさっても中国のTencent社に遠く届かない


$394Billionを日本円にすると1ドル100円計算でも39.4兆円となる
1Billion=10億

コンシューマーゲームにばかり力を入れてオンラインに力を入れなかったのは痛すぎる


この事を指摘する人物はソニーや任天堂に居なかったのか?



投稿者には内情が分からないので何とも言えないが、この表を見る限り居なかったのだろう



夏野剛は過去に「手遅れだから滅びるべきだったんだよ」と発言していた


暴論でありながら正論である


第二次世界大戦が何故、終わったか?


原爆が落とされたからである


それまで日本国民は、日本軍は有利だと国からアナウンスされ、「欲しがりません勝つまでは」が標語にされていたのだ


彼らが知ったのは原爆を落とされ、敗戦した後だった



過去の歴史からみても外圧がなければ、絶対に日本は変わらない



これが希望の党や立憲民主党が政権を奪取したとしても同じ



外国人経営者と日本人労働者の組み合わせが一番良い



日本政府は今すぐ取り替わるべき



日本を導いた偉大なる経営者達は、もう死んでしまった



自分達は無能であって過去の遺産で食いつないでいるという事を自覚すべき



投稿者はニコニコブロマガを更新していた際は、今以上にRTやいいねがあったが、全て削除し捨て、この大阪ITジャーナルを1から更新している



日本の政治家や経営者の諸君、保身する事を否定はしないが、己の保身ばかりを考えるのはどうかとは思うがね



とはいえ、投稿者の分析では植民地にならない限り、日本が変わる事はない



日本で金を稼ぎ、海外(シンガポール辺り)に移住するのがもっとも賢い生き方だろう

0 件のコメント:

コメントを投稿