Translate(翻訳)

2017年10月21日土曜日

投稿者が激烈に独断と偏見で観察する「意識高い系ウォッチャー 常見陽平」






大阪ITジャーナル 安田龍二です




今回、投稿者が意識高い系ウォッチャー常見陽平氏をウォッチします




意識高い系ウォッチャーは既に沢山存在しているが、意識高い系ウォッチャーをウォッチする人物は少ない




こういう馬鹿げた事から革新が興ると思っている




さて本題に入ろう

まず意識高い系ウォッチャー 常見陽平氏は意識が低いのかを検証したい



1つ目

彼は、「www.yo-hey.com/」というサイトを持っている


yo-heyって・・・そこらの高校生レベルのドメインネームではあるが、これは意識が無茶苦茶低い



2つ目


一橋大学社会学部卒業しているが、千葉商科大学国際教養学部の専任講師をしている


この大学の偏差値は40台前半である事から無茶苦茶意識が低い




3つ目


彼は、ゲスの極み乙女を聴いている様だ

上記のバンドは10代~20代前半が聞く音楽であって、常見陽平氏の様な40代のおっさんが聞く音楽では無い


ガキ向けの音楽を聴いている時点で無茶苦茶意識が低い





上記3点の時点で既に意識が無茶苦茶低い




彼の全てを観察した訳では無いが、彼は意識高い系ウォッチャーを名乗っても良いぐらい意識が低い




投稿者は、彼を意識高い系ウォッチャーとして賞賛したいし、されるべきである





結論


意識高い系ウォッチャー 常見陽平氏は、中高生レベルで意識が低い





0 件のコメント:

コメントを投稿