Translate(翻訳)

2017年10月8日日曜日

投稿者が激烈に独断と偏見で伝授する「合法的に社会に復讐する方法」




大阪ITジャーナル 安田龍二です。




では早速、紹介したい。


1.働かない

オーソドックスな手法であり、納税の義務も放棄する効果的な手段。
例:催促が来ても無視しつづければ良い



2.子供を作らない

人口減による国力低下を招き、移民政策を打ち出す方針に誘導させる。

例:移民政策で対立を煽らずとも文化や宗教の違いで対立が起こるのは、ドイツやアメリカで証明済みとなっており、国内を混乱に陥れる手っ取り早い方法。



3.消費しない

日系企業の消費が落ち込めば、その分企業の収益も落ち込む

例:日本の代理店を通さず直輸入で購入する。




4.遺産を残さない

相続税回避や子孫の為に資産を渡さない。

例:現金化し、全て火で燃やす。




投稿者は、日本がより良くなる提案と日本を破滅に導く提案の両方を読者の皆さんにお伝えして行く。


だがしかし、上記を使うかどうかは読者の皆さんの判断に委ねている。

0 件のコメント:

コメントを投稿