Translate(翻訳)

2017年11月9日木曜日

投稿者が激烈に独断と偏見で分析する「ドワンゴは日本IT企業の癌」




大阪ITジャーナル 安田龍二です


今回、投稿者が分析するのは川上 量生を取締役とする株式会社ドワンゴ


「日本のITに貢献している素晴らしい企業だよ!」とお思いの読者の方もいらっしゃるでしょう


劣化しているTVの更に劣化コピーしているゴミ企業が幅を利かせている事が異常



ニコニコ動画のプラットフォームは国産動画サイトでは最大級であり、スポンサーも多い


それゆえにドワンゴ運営のニコニコ動画は、インターネット配信における既得権益に胡坐をかいている



ニコニコ生放送が無くなれば、ふわっち、Youtubelive、OpenRec、ShowRoom等にスポンサーが流れ、健全な競争ができる



加藤純一を全面的にバックアップせず、森義之をBANしているのは意味が分からない



投稿者が過去に提言していた「犯罪者でも参加できるという事に付加価値をつけるべき」


更に言えば、横山緑が前科者になってもドワンゴは使い続けるべき


予算度外視で、キモオタも馬鹿もリア充も偏差値28も偏差値70も見たくなる企画なりコンテンツなりを提供すべき


投稿者が心がけているのは偏差値28でも理解でき、偏差値70でも納得できる記事を目指している


「難しい言葉であっても短く簡潔に理解できる」を一番に置いている


そこで投稿者が提言したいのは「ドワンゴ上層部は首吊って4ぬべき」


今話題の首吊り士に首の吊り方を1から100まで教わるべき


そして電通には責任三か条の内の一つに「一を聞いて十を誤る如きものは百害あって一利もない。正に組織活動のガンである。削減せらるべきである。」とある


上記を見て、「失敗しない様に頑張れよ」の暗喩だな!と思った読者の皆さんは大間違い


これを本気で実行しているからこそ電通は大企業となっている


投稿者には自分に課している事がある


失敗すれば首を吊って4ぬべきだと


100回以上4んでいる事になるが、他人に強制する事は無い


そこまでしなければ人間は真剣に考えないし、他の人間が考えない様なアイデアや発想が生まれる事も無い


ドワンゴには高学歴の者がたくさんいるはずなのに何故、劣化したTVの劣化版しか作れないのかが疑問に思う


京大卒の川上量生が何故、学習院大学卒の宮崎駿に弟子入りしている意味も分からない


なぜ彼らは卒業した大学で学んだ事を生かさないのか?


なぜ彼らは恵まれた環境で学ぶ事ができたのに、つまらないコンテンツを垂れ流す事しかしないのか?


なぜ彼らは上位の大学卒という肩書きがありながら、それを生かさないのか?


電通についてネット上では否定的な意見が多いが、見習うべき点は多い


日本社会の癌は削除せらるべきである

0 件のコメント:

コメントを投稿