Translate(翻訳)

2017年12月23日土曜日

Appleは第二のSonyになる説






大阪ITジャーナル 安田龍二です

今回、Appleは第二のSonyになる説を提唱します



スティーブジョブズの居ないAppleはAppleにあらず

盛田昭夫の居ないSonyはSonyにあらず

特にそれが顕著なのはスマートフォン

Appleは今後、確実に迷走する

これは投稿者の直感であり、確証は無いので断言はできない

スティーブジョブズのカリスマ性や彼のアイデアこそがAppleであり、本質であってそれを失えば迷走するのも無理はないだろうと分析している

Sonyでも同様であり、特筆する点はスマートフォン

Sonyが出しているスマートフォンはデザインがゴミすぎる

ガラケーをそのままスマートフォンにした様な角張ったゴミデザインの癖に高い


逆にHuaweiのスマートフォンは、表面はiphoneを思わせるデザインでありながら裏面はガラケーを思わせるデザインとなっている

本来、Sonyが出すべきスマートフォンであったのに過去の栄光にしがみ付いているのか、知恵が足りないのか分からないがゴミを量産し、AppleはおろかHuaweiにすらシェアを奪われている


iphone4~6あたりのデザインを参考にすべき


無料で投稿者がソニーを再びJapan as no.1へと導く提案をしているので是非とも使って欲しい

他メーカーが真似しても良し

0 件のコメント:

コメントを投稿