Translate(翻訳)

2017年12月8日金曜日

投稿者が激烈に独断と偏見で分析する「理系脳と文系脳」





大阪ITジャーナル 安田龍二です

今回、投稿者が分析するのは理系脳と文系脳


理系脳
頭脳明晰だが、理屈っぽくて論理的で、コミュ力が無い



文系脳
感性やコミュ力はあるが、複雑なことはよくわからない

そこで実在する二人の例で比較してみたい

西村博之 中央大学文学部教育学科卒

川上量生 京都大学工学部卒業


読者の皆さんはこう思うでしょう「ひろゆきさんは文学部卒だから文系脳で、川上さんは工学部卒業だから理系脳だ!」と思った読者の皆さんは大間違い


投稿者の分析では、西村博之は理系脳で、川上量生は文系脳と分析している

西村博之は極力無駄をせず、倹約家である

この事は、彼の著書:無敵の思考を読まずとも過去の彼の発言を見れば、一目瞭然である

この「無駄を省き、最適化する」は理系脳では無いだろうか?

感情論や倫理観に囚われず無駄を省き、合理的な思考や判断をする事が理系脳と分析している


一方の工学部卒の川上量生は、ニコニコ動画における彼の方針を見る限り、文系脳である事が予想される

例えば、クレッシェンドで実装される予定のニコニコ生放送中にパズルができる「8パズル」やゲームは正直に言うと要らない、無駄である

合理的に考えるのであれば、生放送にパズルやゲームなどは要らないし、OPEDも要らない


だがしかし、川上量生は必要であると判断した


無駄を容認し、非合理的な考えが文系脳では無いだろうか?


さらに角川会長から送られた言葉に、「川上くんは語りの天才だなと思っている」

「語り」の天才という点からして「意識高い系」を匂わせる

上記は文系脳に関係するかどうかは定かでは無いが、どちらかと言うと文系寄りの評価となるのでは無いだろうか?

文系脳と理系脳の明確な定義は無いので、投稿者の独断と偏見での分析となってしまうが、コミュニケーション能力云々では無く、無駄を省き、合理的な思考をするのが「理系脳」、無駄を容認し、クリエイティブな思考をするのが「文系脳」では無いだろうか?


学会で発表された脳回路の構造を高確率で特定出来る問題

https://matome.naver.jp/odai/2136217691678267501

上記をやってみた結果、投稿者は理系脳であった

理系脳が良い、文系脳が悪いという記事では無いし、西村博之が理系脳だから偉いという訳でも無い

ただ文系大学卒だから文系脳、理系や工学部卒だから理系脳とは限らない。というのが投稿者の分析

0 件のコメント:

コメントを投稿