Translate(翻訳)

2017年12月20日水曜日

投稿者が激烈に独断と偏見で分析する「電通元社員 はあちゅう氏」






大阪ITジャーナル 安田龍二です

元電通社員からセクハラやパワハラを受けていた事を告発し、話題となっている


彼女を存じ上げないので調べた所、慶応卒のブロガー・作家であり1986年生まれの31歳 2009年に電通に入社している

彼女が受けた暴言は




「本社に異動した頃、岸さんから『今すぐ飲みの場所に来い。手ぶらで来るな。可愛い女も一緒に連れてこい。お前みたいな利用価値のない人間には人の紹介くらいしかやれることはない』などと言われるようになりました」



「また当時の彼女とのセックスについて『あいつは下手だからもっとうまい女を紹介しろ。底辺の人間の知り合いは底辺だな。お前もセックス下手なんだろ。彼氏がかわいそうだ』などと言われました」


岸氏からのハラスメントから逃れたいと思ったはあちゅうさんは、岸氏の要求通り数名の友人を紹介した。「お前どうしてあんなしょうもない女紹介するんだよ。自分が何のために俺と知り合ったかなんもわかってないじゃないか。俺の偉大さちゃんと説明したの?」などと言われたこともあったという。


「『俺に気に入られる絶好のチャンスなのに体も使えないわけ? その程度の覚悟でうちの会社入ったの? お前にそれだけの特技あるの? お前の特技が何か言ってみろ』と性的な関係を要求されました。『お前みたいな顔も体もタイプじゃない。胸がない、色気がない。俺のつきあってきた女に比べると、お前の顔面は著しく劣っているが、俺に気に入れられているだけで幸運だと思え』と」



正直に言う、ボロカスすぎる、その他も「広告業界で生きていけなくなるぞ」と脅したと掲載されている

電通戦略十訓の10番に「混乱を作りだせ」とある

流石、元電通社員まさに彼らは忠実に戦略十訓を守っている

電通のやり方は倫理観を逸脱しているが、日本で成り上がろうとすると、このくらい逸脱していなければ、成り上がる事ができないとも言える


更に、はあちゅう氏の過去の発言が槍玉に上がり非難を受けている


彼女は童貞(童貞的思考含む)が好きらしい


冷静に考えて欲しい


31歳の男が処女が好きと言えば、バッシングされ気持ち悪がられる


25の投稿者が発言しても読者の皆さんにドン引きされる


だがしかし、それとこの件は全く別問題であり、これで彼女をバッシングするのはお門違いと言った所だろう



面白いコメントがあったので掲載すると

「I will hurt you」

お粗末様でした


0 件のコメント:

コメントを投稿